マスターオブエピックのファンサイトです。ブラウザゲーエデンシェイドも始めました
■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■中の人の記憶1「サーディア、たつ」
2005/11/23 Wed中の人の記憶
MOEを始めて丁度1ヶ月ほど経ったある日の事。

サーディア:
「中の人~ なかのひと~」
中の人:
「おおぅ、急にしゃべりだして何かなサーディア君」
サーディア:
「いやぁ、俺もね。なんていうの、そろそろキャラが立ってきたり何かして、勝手にしゃべるようになったわけですよ、はい」
中の人:
「うわw 喜んでいいやら、どうしていいやら。で、何か用? また道に迷ったの?」
サーディア:
「うはぁw それ、お前。人生、道に迷いすぎw はやくスキル上げて迷子マスタリーパッシブ手に入れろ」
中の人:
「よけいなお世話じゃ!」
サーディア:
「それはともかく本題。で、なに、あらためてオープニングムービーやら公式サイトやらを見なおしたんだって?」
中の人:
「そうなんだよ。あらためて見なおしたね」
サーディア:
「それで俺の過去が気になってしようがないわけだな?」
中の人:
「うわw なんでもお見通しかよ。その通り。
ダイアロス島に流れ着いた旅人たちは、女王イルミナの幻影の呼びかけに応えて、決死の覚悟で嵐の海を越えようとした者たち、という事になっているのだけれども、はっきり言ってだ、無事生還した者が誰もいないって島へ、たかがと言っちゃ悪いけど神々しい幻影を見たからといって、それまでの生活を全て捨てて船出しようとするには他にも深い事情があったんじゃなかろうかと思うわけよ。旅人のひとりひとりにね。イルミナ様の幻影に応えるに至った理由が、それぞれにあるんだろうなと思ったわけで」
サーディア:
「ほほぅ」
中の人:
「まぁ、つまりだ。たとえばだよ。大陸のあらゆる場所を冒険しつくして精神のエアポケットに入っていた冒険者なら、新たな冒険の旅が始まるのだからワクワクして船出したのだろうし、ギャンブルで大きな借金こさえたところで幻影を見たなら、どうせ死んだ方がマシって目にあわされるならダイアロス島へ逃げちゃうかって、そういうね、個人個人の事情ってところに興味が湧いてきたわけよ」
サーディア:
「なるほど。俺にそれを語れと言うわけだ。ダイアロス島に来る前に俺が一体何をして生きてきたか。なぜ、ダイアロス島へ船出することになったのか、そういうことだろ?」
中の人:
「あ、ああ。でもお前……」
サーディア:
「いや、ほらw なんていうの?w 過去がなければ未来を空想することもできない? しゃべれるようになったんだし、望むところなわけで、今日来たのは、俺の過去をお前に知ってもらいたいからだったりなんかして」
中の人:
「うわ、お前……(>_<)」
サーディア:
「うはぁw シリアス似合わない」
中の人:
「よ、よけいなお世話じゃぁ!」
サーディア:
「うはぁw ま、とりあえず黙って聞けw」

たちはじめたキャラの過去を煮つめてみようと、これからMOEをプレイするにあたって、いろいろと積極的な遊び方をしていかないと、すぐに飽きてしまうだろうし、それではつまらないと、それだけの事なんです。
「ここを読んでみるといいよ」といった紹介・指摘など大歓迎です。
MOEをご一緒に楽しめる、その軽いネタになればと願いつつ、更新していきたいと思いますm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:Master Of Epic - ジャンル:オンラインゲーム

HOME
Check it now

(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。

プロフィール

サーディア

Author:サーディア
MoEエメラルドサーバーでプレイ中。
シップ:(幻術王)ウォーロック。
通称:サディ・やわらか兄者・師匠など。
苦手なもの:謎肉・謎水(見ると卒倒します)
常駐ch『東町内会』

ブラウザゲー・エデンシェイドプレイ中
セナルスで魔法使い(杖使い)は
激しく少数派です。

カウンター

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
公式バナー

mmotrade

MMOの取引サイト。MoEの「もっちー」こと持田さんが関わってるらしいです。登録してみました。 現在休止中だそうだ。
MMOTRADE.JPは、ゲーム内通貨でのアイテム取引をお手伝いするサイトです。

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
アクセス解析

ただの飾りです。 大して見てません。 いや、ほんと。


 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。