マスターオブエピックのファンサイトです。ブラウザゲーエデンシェイドも始めました
■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■ダイアロス島へ至る道4「自由の重さと人の温もり」
2005/11/27 Sunダイアロスへ至る道
※カテゴリー「ダイアロスへ至る道」についての説明はサーディア、たつに書いてあります。そちらを参照のほどを。

秋祭りも終わり、木枯らしが強く吹きつけるなか、サーカス団から置き去りにされたサーディアは街の片隅に独り座り込んでいた。夜になり、やがて雨が降りだした。冷たさに耐えかね、橋の下に逃げ込んだサーディアを、浮浪児たちはナワバリ荒らしとして容赦なく打ちのめした。

とある男:
「(はぁ……何もうまくいかねぇ。商売の才能ねぇのかなぁ、俺……。
……あれ。サーカスにいたガキじゃねぇか。ぼろぼろで倒れてやがる……。
( `⊿´)ケッ、知ったことか。俺は俺で手一杯だよ。
……ほっ、起き上がった。起き上がったよ……ふぅ……)」
サーディア:
「……ぐぅ……セルフ ヒーリング………ハァハァ…orz」
とある男:
「(!? セルフヒーリングってあんなに効くか……?
……はっ!Σ(゜□゜) こ、こりゃあ、チャンスかもしれねぇ)」

とある男:
「ぼ、ぼぼ、ぼうずっ!」
サーディア:
「……挙動不審すぎ」
とある男:
「う、うるせいやぃ! ……はっ!Σ(゜□゜) いやいやいや、違う違う。うるさくない、うるさくないよー。
あ、あのだなぁ……えーと、なんだ……そ、そうだ、はらへってないか? すぐそこに酒場があるんだ。ほら、俺が口利きゃ、暖炉で服乾かすぐらいのことは、な。それにメシおごってやる、な、な!」
サーディア:
「……いらない」
とある男:
「い、いらない……orz いらないって言うなー!
……お、俺はもう、いらないって数え切れないほど言われてきたんだっ! お前まで言うことないじゃないかー!ヽ(`;д;´)ノ
……く、くぅ……orz」
サーディア:
「…………。
……うはぁw おじさん正直者。ただしバカを見る方」
とある男:
「うっるせぇ、このガキ! いい加減にしないとトドメ刺して埋めるぞ!? ……はっ!Σ(゜□゜) それじゃ意味ねぇだろ……orz」
サーディア:
「うはぁw おじさん超正直者。だから……信じる(^-^) 俺、腹減ったよ……おじさん」
とある男:
「お……? ちょっとまて。よーく考えろ? そんな簡単についていっていいのか? どこかへ売っぱらっちまったらどうする、えぇ? ツラいぞ……売られるってのはよ……牛や馬より優先順位低いんだぞ、扱いが……(>_<)くぅ。わかってんのか、ぼうず?」
サーディア:
「うはぁww おじさん、俺は信じる(^-^)」
とある男:
「く、くぅ……orz お前いい奴だな(;-;)」

サーディア(ダイアロス島時代):
「この時おごってもらった揚げパンとトマトジュースの味は忘れられない。うまかったなぁ(^-^)。それからおじさんと随分長いこと話をしてね。あんなに腹をわって話したってのは、なかなかないなぁ。苦しくても理不尽に思っても表向きは笑ってゴマカす、そんなクセが染みついちゃって……腹をわって話したことなんてさ、今でもそのクセ抜けきってないよ、うん。
そのおじさんはね、さる錬金術師が魔法の才能のある小僧を探してるって話を耳にしてたんだ。小僧ってのは、なんだ、雑用をこなしながらその道の修行をする子供のことさ。まぁ、俺を紹介することで商売のキッカケをつかもうとしてたんだな。あくる朝その屋敷に行って……1発OKさ(^ー^)b。魔法の才能があったんだな。歌がダメだった代わりかなぁ。サーカスにいた時は魔法で怪我治したり体力戻したりしないとやってられなかったから、何度も使ってるうちにウマくなってたってのもあったんだろうけど。
だけど師匠がお金をおじさんに渡そうとしたらおじさんキレちゃって、『いくら落ちぶれたって人の売り買いなんかする気はさらさらねぇんだっ! そんなもん引っ込めやがれ! ……はっ!Σ(゜□゜) いやいやいや、すいませんすいませんすいません……あ、あのですねぇ、わたくし細々とですが商売やっておりまして、こ、これを機会にですね、ほんの少しで構いませんから、ご贔屓いただければ……』なんて言って、師匠もおじさんを気に入っちゃったらしくてね。自信がついたのか、おじさんの商売も何とかなりはじめたそうだよ。俺が住み込む事になった屋敷にもよく来てね。怒られたんだ。『このガキ、犬っころみたいになつくなっ! 師匠の金預かってるんだろ? 商売人から言い値で買ってどうする!?』ってね。色んなことを教わったよ。
ほんと正直で、あったかいおじさんだった……(^-^)

……あのままトントン拍子でいっていたら、あの街でいっぱしの錬金術師になっていたのかもしれない。順調にいっていたらね」
スポンサーサイト

テーマ:Master Of Epic - ジャンル:オンラインゲーム

トラックバック(0)+ +コメント(0)
地下水路の死闘(おそらく前編) ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ タルタロッサ・パレス

管理者にだけ表示を許可する
HOME
Check it now

(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。

プロフィール

サーディア

Author:サーディア
MoEエメラルドサーバーでプレイ中。
シップ:(幻術王)ウォーロック。
通称:サディ・やわらか兄者・師匠など。
苦手なもの:謎肉・謎水(見ると卒倒します)
常駐ch『東町内会』

ブラウザゲー・エデンシェイドプレイ中
セナルスで魔法使い(杖使い)は
激しく少数派です。

カウンター

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
公式バナー

mmotrade

MMOの取引サイト。MoEの「もっちー」こと持田さんが関わってるらしいです。登録してみました。 現在休止中だそうだ。
MMOTRADE.JPは、ゲーム内通貨でのアイテム取引をお手伝いするサイトです。

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
アクセス解析

ただの飾りです。 大して見てません。 いや、ほんと。


 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。