マスターオブエピックのファンサイトです。ブラウザゲーエデンシェイドも始めました
■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■サーディアの覚書3「魔法の手順と射程、及び魔法チャージについて」
2006/11/11 Satサーディアの覚書
死魔法が徐々に90に近づいています。

サーディアです。こんばんわ(・ω・)ノ

今回は自分自身が以前から気になっていた点について、まとめようと思います。
熟練の魔法使いであるなら、勘でやれている事をただ説明するだけになりそうですが。
誰かの疑問を解決することもあろうかと書いておきますね。
最初にスペルブックなど魔法チャージ可能な装備がない状態の場合を書いていき、
次に魔法チャージ可能装備ありの場合を書きます。

魔法を使おうと思ってから魔法の効果が対象に影響を及ぼすまでの間には
細かく分けると5つの段階があります。(まずはチャージなしです)

1、詠唱開始
2、詠唱完了
3、魔法発射
4、魔法着弾
5、効果発動

この5つの段階について順を追って説明しましょう。

1、詠唱開始
 詠唱開始の条件は次の3つです。
 1、コストの支払いが可能な状態であること。(コストとはMPと触媒)
 2、魔法射程内に対象が存在すること。
 3、キャラクター視界内に対象が存在すること。

 2の射程内と3の視界内について図解します。
MoEmagic1.jpg

 青が射程内かつ視界内、水色が射程内で視界外です。黄色が魔法使用者。赤を対象としましょう。
MoEmagic2.jpg

 この状態で詠唱開始が可能です。
 しかし実際のフィールドは、平面ばかりではありませんので、横断図も用意しました。

MoEmagic3.jpg

青がキャラクターの視界。緑がプレイヤー(中の人)の視界です。
 たとえプレイヤーの視界に入っていても、キャラクターの視界に入っていなければ詠唱は開始されません。また逆に、プレイヤーの視界に対象が入っていなくても、キャラクターの視界に対象が入っていれば詠唱は開始されます。
 カオスで体験した人もいるでしょう。プレイヤー視点を真下や真上にしても魔法は詠唱することができる。逆にプレイヤー視点に入っているのに魔法詠唱が開始されない場合も当然あるのです。上図はその状態を表しています。
 種族ごとに身長の高低が大きく違います。実地検証はしていませんが、パンデモスとエルモニーでは高低差のある地形での魔法射程が若干違うのかもしれません。
 < ターゲットが見えません >はこういう状況です。

2、詠唱完了
 詠唱完了の条件は魔法詠唱中に詠唱妨害の判定が出ないことです。ここを細かく分けたのは次の魔法発射を、より厳密にするためです。
 詠唱完了時にはコスト(MPと触媒)が支払われます。

3、魔法発射(くどいですが、チャージなしの場合)
 魔法発射の条件は「対象が射程内に存在すること」です。
 キャラクター視界内である必要がありませんので
MoEmagic4.jpg

 このような状態でも魔法発射が可能です。しかし
MoEmagic5.jpg

 詠唱開始時には射程内に存在したが、魔法発射時には射程外の場合。
 残念ながら魔法は発射されません。
 その上、詠唱完了時にコストが支払われているのでMPと触媒は無駄になります。
 魔法チャージなしの場合の弱点がこの事態です。

4、魔法着弾
 MoEの魔法は必中です。よって魔法が発射された後に
MoEmagic5.jpg

 この状態になっても、魔法は追尾して着弾します。
 発射即効果発動の場合追尾はありません。
(追記:ちなみにアレってどこまで追っていくんでしょうね。例えばwarイプスの北部でA君がB君に向かってサンボルを発射。発射を確認したB君はチャージしておいたテレポートでイプス南部に移動。これでも追尾するのかなと気になっていますが未だ検証したことはありません)

5、効果発動
 魔法が着弾しても効果が発動しない場合があります。
 相手がディバインシールドをかけていたり、対象が味方のペットだった場合は効果は発動しません。

次に魔法チャージ装備状態との違い。

1、詠唱開始
 対象がどこにいるかに関わらず詠唱が始まります。
 チャージするアイテム(を装備した自分)が対象だからです。

2、詠唱完了
 コストの消費が、チャージなしと同様に行われます。
 詠唱に失敗した場合にヘイトが上がる魔法でもヘイトは上がりません。
 何故なら対象が自分だからです。

3、魔法発射
 大きな違いはここです。
 MoEmagic4.jpg

 この状態での魔法発射はできません。
 魔法チャージ時の魔法発射の条件は
 「キャラクター視界内かつ魔法射程内に対象が存在すること」です。
MoEmagic2.jpg

 この状態でなければ発射できないのがチャージの弱点です。

つまりチャージなしの場合は
「北の方向の対象に向かって詠唱開始」
「南の方向へ向いて次の対象をターゲット」
「一発目の魔法が北の方向(キャラの後方)へ発射される」
「南の方向へ詠唱開始」
と、多方向に魔法を素早く打つときには流れるように打てるので便利です。詠唱完了即発動。その反面、距離の問題で空打ちになる危険があります。チャージなしの利点が顕著に発揮されるのはナジャ戦時のディバインシールド配布でしょう。移動詠唱で魔法効果がそれほど変わらない魔法を、多方向に一定範囲で動き続ける対象に乱れ打ちしつつ周囲の状況に気を配れます。また破壊魔法で自分に接近するまでに対象を倒す場合もチャージなしを俺は勧めます。1つには、詠唱完了即発射の利点が活きるから。ラピキャスアイスボールをチャージありでやったら1発分は違ってきそうです。2つには移動詠唱時の移動速度低下がチャージありに比べて少ないこと。フットワークがいいのです。

チャージありの場合は
「詠唱開始」「対象をターゲット」「詠唱完了」
「北を向いて発射」
「詠唱開始」「対象をターゲット」「詠唱完了」
「南を向いて発射」
空打ちの危険がなく確実に魔法を発射する反面、詠唱完了即発射しようとしても必ず間があきます。さらに対象の方向に顔を向けて発射なので、多方向に連続して打つ場合はチャージなしに比べてやや遅れます。移動詠唱時の移動速度の低下もチャージなしに比べて顕著に現れます。もちろん安全なところで詠唱を完了させて、危険地帯に入り一瞬で魔法を発射する一撃離脱の素早さという利点はこれを補って余りあり、またタイミングを合わせて魔法(例えばGH)を打つなどは、チャージなしでは到底マネできないことでしょう。

余談ですが魔法チャージと魔力について。
問題:
「ホーリーブレス→魔法チャージ→魔法発射」
「魔法チャージ→ホーリーブレス→魔法発射」
魔法の威力にホーリーブレスで上昇した魔力が反映されるのはどちらでしょう?

回答:「魔法チャージ→ホーリーブレス→魔法発射」(発射時の魔力が魔法の威力を決める)

それぞれ打つ魔法ごとに射程や性質が違います。
それを踏まえた上で魔法を使うのも当然のことながら、
チャージあり、チャージなしの特性を知って両者をつかいこなしてこそ
一人前の魔法使いだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:Master Of Epic - ジャンル:オンラインゲーム

トラックバック(0)+ +コメント(0)
過疎スSGK ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ アクセス解析

管理者にだけ表示を許可する
HOME
Check it now

(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。

プロフィール

サーディア

Author:サーディア
MoEエメラルドサーバーでプレイ中。
シップ:(幻術王)ウォーロック。
通称:サディ・やわらか兄者・師匠など。
苦手なもの:謎肉・謎水(見ると卒倒します)
常駐ch『東町内会』

ブラウザゲー・エデンシェイドプレイ中
セナルスで魔法使い(杖使い)は
激しく少数派です。

カウンター

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
公式バナー

mmotrade

MMOの取引サイト。MoEの「もっちー」こと持田さんが関わってるらしいです。登録してみました。 現在休止中だそうだ。
MMOTRADE.JPは、ゲーム内通貨でのアイテム取引をお手伝いするサイトです。

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
アクセス解析

ただの飾りです。 大して見てません。 いや、ほんと。


 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。